KONAKA
社員インタビュー

谷口 真奈美MANAMI TANIGUCHI

自己申告制度と推薦で「道」が開く

入社後は紳士服コナカで接客販売の仕事に就きました。店舗で経験を積んだら商品本部でバイヤーを目指したいことを店長に最初から伝えていたのですが、エリアマネージャーやゼネラルマネージャーが店舗へ来るたびに、店長が熱心に「彼女はバイヤー志望なのでよろしくお願いします」と伝えてくれました。
その店長の推薦とコナカの自己申告制度のおかげもあって、2年目という早い時期に異動が叶いました。私にはこの店長との出会えたことが全てだったと思えてなりません。

自分の手掛けたスーツが
主流商品に

現在は商品本部にてバイヤーのアシスタントをしながら、スーツセレクトのレディース商品企画における企画から商品化まで携わっています。
私のこれまでの代表作は、ゆったりとしたシルエットが特徴の「リラックステーパード」。
当ブランドの主力商品にまで成長したので、思い入れは人一倍。今でもカタログ撮影やサイト用のビジュアル撮影現場に同行しモデルさんが着用しているのを見ると、仕事のやりがいと面白みを感じます。

コナカ商品部として、初の「女性バイヤー」を目指して。

商品本部に来て2年目には、大学時代からの念願だった繊維製品品質管理士の資格を取得。入社11年目には、上司の推薦を受け中国・広州でのバイヤー研修に初めて参加しました。
バイヤーという仕事の領域の広さと責任の重さを深く知り、よりバイヤーになりたいという気持ちが強くなりました。
昇格すれば、コナカ商品部としては初めての女性バイヤーになります。絶対に実現したいですね。

契約・パート・アルバイト
採用情報RECRUIT

新卒エントリーはこちらからNEW GRADUATE